VvK Programm 26

池田 慎 キュレーション
IKEDA Shin curation

ごちそう帖
Feast book

2019年12月13日(金)から22日(日)
月休み
12:00から18:00

池田慎 / IKEDA Shin
池田高広 / IKEDA Takahiro
岡田よしたか / OKADA Yoshitaka
小池昭子 KOIKE Akiko
木内貴志 / KIUCHI Takashi
椿崎和生 / TSUBAKIZAKI Kazuo
ハリコズエノ HARIKOZUENO
水垣尚・岡本和喜 / MIZUGAKI Hisashi + OKAMOTO Waki
行千草 / YUKI Chigusa


想像の舌は長くて何処迄でも届く。
(内田百閨u御馳走帖」)
『絵にかいた餅』は役に立たない物を指す喩えです。
しかし描かれた餅の、
或いは描かれすらしていない餅の、
その味を想像する楽しみは
少なからず有意義と言えなくはないでしょうか?
おせちの前に喰えない物を面白がる「ごちそう」を。
無制限食べ放題で。
池田慎(アーティスト、本展キュレーション)



KUNST ARZTでは、VvK(アーティスト・キュレーション)
展覧会の26回目として、衣食住・日常生活をモチーフに、
ユーモラスだけれどシレっと病的で執拗な側面を内包する、
池田慎キュレーション「ごちそう帖」展を開催します。
美術館での初個展と同時開催となります*。
本展は、出品作家9組による
「食」をモチーフや素材にした作品構成です。
アートによる食文化を考察する場を
提供します。
ご注目ください。(KUNST ARZT 岡本光博)

*西脇市岡之山美術館 
アートの扉V「池田 慎(いけだ しん)」展
2019年12月15日(日)〜2020年3月22日(日)


ハリコズエノ 
オープニング・パフォーマンス
2019年12月13日(金)16時から18時
「餅つき機とセッション」
ニッポンのお母さんノイズユニット
「ハリコズエ」に東京から上野洋子が参入!
「ハリコズエノ」として、
餅つき機が餅をつく音を採集、
再構成して演奏します。
その後、パフォーマンスで出来た
もちが提供されます。
オープニングとして気軽にご参加ください。



PRESS RELEASE




池田慎/ IKEDA Shin

1974 大阪生まれ、大阪在住
1998 大阪芸術大学デザイン学科卒業

2018「reJuvenation」 studioJ (大阪)
2018 奇跡(とわ)の黄金比(めぐりあい)」展 Finch Arts (京都)
2019 はならぁと2018あらうんど
「手芸の時間」 吉野町上市六軒町屋敷 (奈良)
2019「ふわふわガバメント」 noie.cc (東京)、 海月文庫 (大阪)
2019「現象学的スケッチ」 ギャラリー白 (大阪)

作品

「過剰包装 ビスコ」
2019
菓子箱、菓子、金紙、真鍮板、真鍮線、スパンコール、ビーズ 




池田 高広 / IKEDA Takahiro

1983 滋賀県生まれ
2004 大阪芸術大学短期大学部デザイン美術学科版画専攻卒業
2007 大阪芸術大学 美術学科版画コース卒業
個展
2019 「Circulation」  GALLERY WKS(大阪)
2017 「Empathy」 GALLERY301 (兵庫)
2017 「Over flowing」 サロンモザイク(大阪)
2015 「Natural」 GALLERY301 (兵庫)
2014 「Transmigration」 GALLERY301 (兵庫)

作品
「over flowing-17-]Z」
2017 
パネル キャンバス アクリル エポキシ樹脂 ココア




岡田よしたか / OKADA Yoshitaka

1956 大阪府生まれ、奈良在住
1980 愛知県立芸術大学油画科卒業

2001 「おーいペンギンさーん」(福音館書店)で絵本デビュー
2011 「ちくわのわーさん」(ブロンズ新社) 第3回リブロ絵本大賞を受賞
2016 「ざ・ロードムービー」 cafe Z(岡山)
2017 「四人展 雨の日のHさんへ」 アートスペースかおる(神戸)
2018 「八百万の神」 海月文庫 (大阪)

作品
「嗚呼月面上空は今日も静寂に包まれて」
2006
板にアクリル絵具




小池昭子 / KOIKE Akiko

1954 埼玉県生まれ 大阪在住
2002 パンを用いた作品の制作、合同展に発表を始める。

2011 堀尾貞治x小池昭子二人展 「あたりまえのこと(パンによる)」
スペース草(豊中)、STREET GALLERY(神戸)
2011 「オフィス奈良御所秋のパン祭り」 (奈良)                 
2017 堀尾貞治x小池昭子二人展
「あたりまえのこと『赤ならなんでもOK』」 スペース草(豊中)
2019 四回シリーズ合同展第三回「逆」 海月文庫(大阪)

作品
「パン竜」「パン犬」 2012 パン、合成樹脂フィギュア




木内 貴志 / KIUCHI Takashi

1973 京都市生まれ
1997 成安造形大学造形美術科造形表現群洋画クラス卒業

個展
2014「続・木内貴志とその時代 -さようならキウチさん-」
Gallery PARC (京都)
2014「続続・木内貴志とその時代 -帰ってきたキウチさん-」
GALLERY wks.(大阪)
2016「木内妄想芸術大学作品展 -独りホームカミング-」
成安造形大学 (滋賀)
2016「琳派401年記念 リンパなキウチ展」 Gallery PARC
2018「キウチ芸術センター展」 京都芸術センター

作品
「燕子花図ウコンの力」
2015
アルミ缶にアクリル




椿ア和生 / TSUBAKIZAKI Kazuo

1951年 長崎県生まれ、神戸在住。
2001年 平和台自動車学校卒業、現在海月文庫美術部在籍

2018年 作品展「円」 LADS GALLERY(大阪)
2018年 「椿ア和生×向井洋平」 スペース草(豊中)
2019年 「ガラス絵」 海月文庫(大阪)
2019年  椿ア和生作品展 LADS GALLERY(大阪)

作品
「海産の部」
2010
木片寄せ集めにアクリル絵具、色鉛筆 90×134cm




ハリコズエノ / HRIKOZUENO
(はりこ+こずえ+上野洋子)

ハリコとコズエの「ニッポンのお母さんノイズ」ユニットに、
ハリコズエの絶大なる信奉者、上野洋子も東京から参入!
ハリコズエは「さしすせそ(裁縫・しつけ・炊事・洗濯・掃除)を
軸に大阪で2010年に結成。
2012/11「はりこずえのサシスセソ」(森邸・寝屋川市)
2013/3「春のノイズまつり」(地下一階・大阪)などを経て、
ハリコは富山に移住。
その後も定期的に大阪・富山でライブのほか、
東京(2016/11,2018/6)横浜(2019/1)、浜松(2015/9)、
金沢(2018/8)などにツアーをしている。
近年の東京・横浜のライブでは上野洋子も参加し、
ますます豪華なステージを展開している。


画像
「ハリコズエノ」
2018年10月31日
大阪千鳥橋 FIGYA




水垣尚+岡本和喜 / MIZUGAKI Hisashi+OKAMOTO Waki

水垣尚 1971 西宮市生まれ 西宮市在住
岡本和喜 1970 和歌山市生まれ 西宮市在住

2018 ヤガイ展2 (奈良県御所市)
2018 水垣尚 岡本和喜展 アトリエ2001(神戸市)
2018 宝塚現代美術てん・てん アートギャラリー彩遊館(宝塚市)
2019 水垣尚 岡本和喜展 スペース草(豊中市)
2019 現代アート野外展示 妙法寺(堺市)
2019 水垣尚 岡本和喜展 ストリートギャラリー(神戸)

作品
「再生と逆再生」
2015
フォトフレーム、映像




行 千草 / Yuki Chigusa

1978年大阪生まれ
2004年 京都市立芸術大学大学院美術研究科油画修了

2019年「ググル ポチル サステナブル」ギャラリー恵風(京都)
2019年「グループ展PRISM2019」
コンテンポラリーアートギャラリーZONE(大阪)
2018年「素材と近景」GALLERY Ami -Kanoko(大阪)
2017年 島野珈琲Hai-Zai x Art Project(大阪)
2016年「うつろうひび たそがれごはん」ギャラリー恵風(京都)

作品
「松・鯛・飯」
2015
910x380
油彩/ドンゴロス