松本 さやか 個展
「2つの意識」

MATSUMOTO Sayaka solo exhibition
unstable consciousness

2017年2月14日(火)から19日(日)
12:00から18:00



KUNST ARZT では、2度目となる
松本さやかの個展を開催します。
松本さやかは、シャーマンが神と交信するかのように、
ただひたすら彼女の心の中に存在する
“生きた山”を表現するアーティストです。
アニミズム感覚を呼び覚ましてくれます。
展覧会タイトル「2つの意識」は
山を生き物として捉えるシャーマン的な意識と、
あくまでも絵画/版画表現であるという
アーティストとしての意識を意味します。
彼女の扱う銅版画の銅板は、版であるだけではなく、
古来神聖なものとして扱われてきた
‘鏡’でもあるのかもしれません。
(KUNST ARZT 岡本光博)




gunung - unconditional transition #7 -
2017



gunung - stroke #6-

2016







アーティストステートメント

「圧倒的な何か」に出会ったとき、わたしは気圧され、
その何かに吸い込まれたような感覚を覚えます。
そしてこの心を震わせる感覚は、
いつも作品をつくる原点として存在しています。

わたしは山を見つめると言葉にし難い、
様々な感情に駆られます。
それは尊さや恐怖感、奇妙さ、凛々しい姿への憧れなど、
全く統一のされていない、
様々なことが交錯した感情です。
このような感覚を覚えるのは、
わたしの中で無意識的に
山岳信仰に近いものが生まれ、
「山を敬う」という感情があるからです。
時間をかけて変容していく山を、
わたしは生き物として捉えます。
そしてその変容こそ、山の呼吸であり、
生きている証だと考えます。

 わたしの描く山は存在しない、空想の山です。
日々イマジネーションの山を捉えるという行為を繰り返し、
自身の感覚から生まれる
「現実には存在しない山」に呼吸と
エネルギーを刻み込むことで、
見えない心の具現化を試みます。
また、その山を概念的に描くことで
空想上のものであることを
伝えると同時に、「風景」ではなく、
「生き物」として山を表現できればと考えています。


Artist Statement

Encountering “something overwhelming”,
I flinch and feel like being swallowed up into “it”.
The soul-shaking feelings always exit
as the origin to create my works.
When I gaze intently at mountains,
I sense the strong energy, and at the same time,
I always get several inexpressive emotions:
respect, fear, strangeness and adoration.
That is the mixture of various kinds of unintegrated feelings.

The reason I get those emotions is perhaps
I unconsciously have a kind of religious faith in mountains
and have a feelings of “worship” to them.
I regard mountains as creatures.
They are transforming over many years,
and I consider the transition as their breath
and the very evidence that they are alive.

Mountains in my works are non-existent: my imagination.
I catch imaginary mountains in my mind everyday
and engrave their breath and energy
into my works as “non-existent mountains”
so as to try realization of my mind through forming them.
At the same time of showing my mountains
as my imagination by drawing them conceptually,
I hope I could express these mountains
as “creatures” not as landscapes.



展覧会コンセプト

作品を作る時、一体意識はどこにあるのだろう。
山を生き物として表現するため、銅に自身の呼吸を刻み、
痕跡を残す行程を重視する意識と、
銅版画要素などを含んだ絵画としての完成を重視した、
絵を描くという意識。
私の中でこの2つの意識が並列と転換を繰り返しながら、
矛盾と葛藤を引き起こします。

銅版画制作の最終着地点は平面の絵画を完成させることです。
割り切って言えば版は絵を完成させるための
一種の道具のようなもの。
しかし、私は銅にイメージを刻み込む行為・行程が
自身との向き合いであり、銅との対話のように感じているため、
最終目的であるはずの紙に刷られたものと同じくらい、
また、時にはそれ以上にこの行為・行程は私にとって重要であり、
必要不可欠なものです。
今の作品を作るにおいて切っても切れない関係である、
絵を描くことと銅に刻むことが、
私にとってどのように作用しているのだろう。

本展では、これら2つの意識を再確認し、
作品それぞれの最終着地点を考えながら、
山の姿を通して見えない心の具現化を試みます。


Exhibition Concept

I am confused and often get lost how to express
my feelings through creating works.
In the meantime, I have two ways of consciousness;
one is placing high importance on the process
of engraving my breath or impressions
into copper and leaving traces on it
in order to express mountains as “creatures”
and another is emphasizing on finishing products
by drawing mountains as pictures
including the factor of copperplate print.
These bidirectional consciousness alternately
take position of equal and relative merits in my mind
and cause contradictions and conflicts.
The end of creating copperplate print
is to make a sheet of picture;
copperplate can be described as one of tools to complete it.
Nevertheless, through engraving on coppers,
I am communicating with them and deeply facing to myself.
Accordingly, for me, the action or process is as important as,
or sometimes even much more essential
than finishing printing pictures on paper.

The inseparable connection of drawing
pictures and engraving on coppers;
how are they affecting me during creating works?

I reconsider these bidirectional consciousness
and the final aims of each work of mine
and attempt to embody my mind through
the figures of mountains in this Exhibition.




gunung #5

2014
銅版画; ハーネミューレ 油性インク



展覧会コンセプト

「gunung」(グヌン)とはインドネシア語で「山」という意味です。
わたしはこの言葉を聞いた時に、山の鼓動音や呼吸の様な、
「山の生きている音」を表しているという印象を受けました。
そしてそのイメージは、山を生き物として捉える私の作品と
繋がっていると考えています。
私は、本展覧会を「gunung」シリーズから、
山の「生」を感じてもらえるような展覧会に出来たらと思っています。


"Gunung" means "mountain" in Indonesian.
When I heard the word for the first time,
I am reminded of "the sounds of living mountains",
their beating or breathing.
The image is connected to my Artist Statement
which I express mountains as creatures.
It would be great I could present you "the lives of mountains"
thorough my works series of "Gunung" in this exhibition.




以上、
松本さやか 個展 「gunung」展示風景
2015年6月9日(火)から14日(日)




gunung #6

2014
銅版画; ハーネミューレ 油性インク




アーティストステートメント

わたしは山を見つめると強いエネルギーを感じると共に、
様々な感情に駆られます。
それは尊さや、何処からか来る恐怖感、奇妙さ、
逞しい姿への憧れなど、全く統一のされていない,
様々な事が交錯した感情です。
このような感情を抱くのは、
わたしの中で無意識的に山を一つの生き物として捉え、
山岳信仰に近いものが生まれているからだと思っています。
昔人々が信じた「山には神が宿っている」というその考えは、
薄れながらも現代を生きるわたしの中にもあるのだと思います。
わたしが空想の山を描くのは、
山から得た感覚をわたしの中で再成型し、
「現実には存在しない山」に
理想やエネルギーを刻み込もうとするからです。
そして、その山を概念的に描くことで
空想上の物であることを伝えると同時に、
「風景」ではなく、「生き物」として山を感じてもらえるよう、
表現出来ればと考えています。


Artist Statement

When I gaze intently at mountains,
I sense the strong energy, and at the same time,
I always get several emotions:
respect, fear, strangeness and adoration.
That is the mixture of various kind of unintegrated feelings.

The reason I get that feelings is perhaps
I unconsciously consider mountains as creatures
and worship them like a kind of religion.
The thought, people used to believe
in Gods or spirits in mountains,
has faded, however, it still alive in my mind.

I always draw imaginary mountains.
I catch feelings from mountains, reform them in my mind,
and try to represent the ideals and energy in my mountains
which do not exist in real world.
By drawing mountains conceptually,
I would like to show them as imagination.
I hope I could express these mountains
as creatures not just as landscapes.




gunung #11

2015
銅版画; ハーネミューレ 油性インク





経歴


1991.兵庫県生まれ
2012.Turku University of Applied Sciences
Turku Arts Academy(フィンランド) 留学
2015.京都精華大学大学院 版画領域修了

個展
2015. 6  gunung  KUNST ARZT
2016. 9  STROKE ギャラリーいのくま亭

主なグループ展
2012 Look at us 2人展 (Gallery TAA / 大阪)
2012 Art for the Reason (Titanik Gallery / フィンランド)
2013 HAC6 (Kara-S / 京都)
2014. SEIKA CERAMIC + PRINT MAKING (ギャラリー恵風)
2014 Work in progress (Kara-S / 京都)
2015 反響定位? WORK IN PROGRESS 2015- 堀川団地
2015 主張てん  ARTISLONG
2016 第5回 FEI PRINT AWARD
------------------------------------------------------

1991.Born in Hyogo, JAPAN
2012.Turku University of Applied Sciences
fine art course (FINLAND)
2015.Kyoto Seika University
Graduate School Art Graduate course

Solo Exhibitions
2015 “gunung” KUNST ARZT
2016 “STROKE” Gallery INOKUMA TEI

Group Exhibitions
2012 Look at us (Gallery TAA / Osaka)
2012 Art for the Reason (Titanik Gallery / Finland)
2013 Hac6 (Kara-S / Kyoto)
2014 SEIKA CERAMIC + PRINTMAKING (Gallery Keifu)
2014 Work in progress (Kara-S / Kyoto)
2015. echolocation ?WORK IN PROGRESS 2015-
HORIKAWA apartment
2015 .Shucho-ten- ARTISLONG
2016 5th FEI PRINT AWARD




gunung #2

2014
銅版画; ハーネミューレ 油性インク









gunung #34
ハーネミューレ
油性インク
ed.1
\32,000
\40,000(額込み)

gunung - stroke #9-

\20,000

gunung
- unconditional transition #5 -

\30,000
\32,000(額込み)