藤田 マサヒロ 個展
FUJITA Masahiro solo exhibition

表層天国 
the surface layer of the other world

2020年6月6日(土)から14日(日) 
月曜日休み 12:00から18:00


KUNST ARZT では、藤田マサヒロの個展を開催します。
藤田マサヒロは、塑像による人体表現を軸に、
モノの存在、見ることの本質を問うアーティストです。
2014年に当ギャラリーから開始した
seoとのコラボレーション“Green chan Project”は、
大規模なインスタレーション、鑑賞者参加型作品など
多岐にわたる展開をしています。
本展は、そのプロジェクトと並行して、
この十年に作り溜めた数体の人体彫刻を
構成要素にしたインスタレーションです。
ご注目頂ければ幸いです。
(KUNST ARZT 岡本光博)


PRESS RELEASE



展覧会コンセプト

この十年に自身が自慰的に作り貯めた
数体の人体彫刻と生命体としての
天体の相似性(表層的存在、物性と仏性)を
インスタレーション展示します。
私のモノ作りのベースに塑像による人体表現があります。
40不惑?から50知命?とはほど遠いこの十年、
無意識に拠り所でもある人体彫刻を作っておりました。
ただそれらはアトリエの隅っこで
土埃に塗れて転がっています。
ある時、宇宙に浮かぶ無様に変形した
緑?の地球のイメージが、物性と仏性の中で、
それらの人体とつながるのを感じました。
ちょうど、フォローフェイス錯視で
凹面に潜むカタチを見出したのと通じた「!?」でした。
コロナウイルスの残香漂う平安の京都を介し、
KUNSTARZTの空間がミニマムな宇宙となれば…。




Green chan Project 2014
緑をさがして
 『グリーンちゃん』  
 『ミドリグマ』  




seo

girl
2001



以上、
藤田マサヒロ×seo 展 『Green chan Project 2014 −緑をさがして』
より



『ひそむカタチシリーズ Stacking His Backs』  (F.R.Pに彩色)
 
2013
ロダンの「考える人」実物大レプリカに
その背中の造形物を積層させた作品。
積層の数や角度は展示空間による。





『ひそむカタチシリーズ Stacking Chair 23』
2013



『ひそむカタチシリーズ 浮かぶ背』
2013



Follow me
2012 着色塩ビ、DVDプロジェクション



形態の相似
2007-2011 シリコン、サウンドシステム
(手前)

Q.P.W.48
2012 FRP
(壁面)



1963 滋賀県生まれ
1992 滋賀大学卒業

個展
2012 「カタチは表層を纏っている」KUNST ARZT
2013 「ひそむカタチ-「考え人」考」KUNST ARZT

グループ展他(* seoとのGreen chan Project)
2014 BIWAKOビエンナーレ 2014
2014 * KUNST ARZT
2015 * CAF・Nびわこ展 大津市歴史博物館
2016 * 日韓現代芸術交流展2016
琵琶湖大津館《旧琵琶湖ホテル》 
2016 * 守山市民ホール
2017 * CAF・Nびわこ展 大津市歴史博物館
2017 Thailand-Japan Contemporary Art Exhibition 2017
(日タイ現代美術展)
Chiang Mai City Art & Culture Center(タイ・チェンマイ)
2017 日韓現代芸術交流展2017
護政府市民ギャラリー(韓国ソウル)
2018 BIWAKO ビエンナーレ 2018
近江八幡市旧市街(八幡山瑞龍寺)
2019 日韓現代芸術交流展2019
『緑の言の葉』 崇仁小学校(京都)    
2019 * ボーダレス・エリア近江八幡芸術祭
『ちかくのたび』 近江八幡市街6会場(八幡山展望館)









藤田マサヒロ×seo
グリーンちゃんとミドリグマ
2014
FRP
グルーンちゃん335×120×90 mm
ミドリグマ365×180×110 mm
\300.000 set ed.10

藤田マサヒロ×seo
グリーンちゃんと仲間たち
2014
インクジェットプリント 
\ 3000 (枠別) ed 30

053 o001
ひそむカタチシリーズ 
Stacking Chair 23
2013
玩具の椅子
\ 50,000

053 o002
ひそむカタチシリーズ
Stacking His Backsセルフビルド
2013
F.R.Pに彩色
\ 2000 each
ed 100