吉田芙希子 個展
YOSHIDA Fukiko solo exhibition

メレンゲの部屋 
Meringue Room


2015年6月30日(火)から7月5日(日) 
12:00から19:00 (最終日17:00まで)





KUNST ARZT では、吉田芙希子の個展を開催します。
吉田芙希子は、カメオが巨大化したかのような
レリーフ状の“イケメン”と、
その彼の導く世界を表象する装飾を通して、
強烈なインパクトとオリジナリティーを
獲得しているアーティストです。
作品は、あくまでもアーティストが
夢見る空想の世界ではあるものの、
サイズの大きさやモノとしての美しさは
軽く現実を超えるパワーを内在しています。
これまでにファッション・ブランドとの
コラボレーションやグッズも展開しています。
本展では貴族のような出で立ちの
イケメンたちがお待ちしています。
ご注目ください。(KUNST ARZT 岡本光博)





ミスター.スノードロップ 
Mr.Snowdrop

2015
W247cm×H169cm
石粉粘土、胡粉




ミスター.リリウム
Mr.Lilium

2015
石粉粘土、サーフェーサー




ドローイング

2015
紙、ペン、水彩




たそがれくん

2014
H71mm×W49mm
樹脂、油彩、ウレタン塗料など
\9800
ed.30




Paradice

2013
H2360mm×W3600mm
石粉粘土、ポリエステル樹脂、サーフェイサー、
パネルに油彩、ウレタン塗料



アーティストステートメント

私の作品の一番重要なモチーフは
美しい青年もしくは少年です。
次に大切なのは素敵な世界に連れて行ってくれるような
美しく装飾された窓枠や壁、
陶器や小物に施された装飾そのものです。
私の制作の原動力は“憧れ”です。
モチーフの美青年は理想の世界に存在するのみで、
現実にはいません。
その美青年像と装飾を組み合わせることによって、
その理想の世界に存在するであろう美青年を表現し、
そこにつながる窓のようなものを
私は作りたいと思っています。
扉ではいけません。
なぜならもしその世界に足を踏み入れたなら、
まかり間違って美青年と目が合ってしまうかもしれません。
そうなれば夢から覚めるか、
心臓が止まってしまうかのどちらかでしょう!
冗談はさておき、みなさまが作品を前にした時、
みなさまそれぞれの想像の余地がある作品であることを
願うばかりです。
                かしこ



経歴
1988年 滋賀生まれ
2011年 京都市立芸術大学美術学部油画専攻 卒業
2013年 京都市立芸術大学大学院
 美術研究科絵画専攻油画 修了

〈個展〉
2013年 夏の夜の夢を見る
H.P.FRANCE WINDOW GALLERY/東京
2012年 Happy of the Day/京都市立芸術大学小ギャラリー

〈グループ展〉
2015年 琳派400年記念 新鋭選抜展/京都文化博物館
2013年 アートアワード東京丸の内2013/行幸通りギャラリー
2013年 京都市立芸術大学 作品展/学内アトリエ棟/京都
2012年 アートピーポーマッピン/@KCUA/京都
2011年 Show-Lab 二人展/京都市立芸術大学大ギャラリー

〈コレクション〉
京都市立芸術大学資料館
京都銀行
三菱地所

〈受賞歴〉
2015年 NHK京都放送局長賞/琳派400年記念 新鋭選抜展
2013年 H.P.FRANCE 賞/アートアワード東京丸の内2013
シュウ・ウエムラ賞/アートアワード東京丸の内2013
大学院市長賞/京都市立芸術大学 作品展



YOSHIDA Fukiko Artist Home Page