都築 匠 個展
TSUZUKI Takumi solo exhibiton

2022

2022年7月12日(火)から17日(日)
12:00から18:00

KUNST ARZT では初となる
都築匠個展を開催します。
都築匠は、少女や女性をモチーフに、
人間の精神の脆さや儚さを表現するアーティストです。
アニメ的なフラットな色面から構成する描写をベースに、
女性に対して性的な眼差しを向けながらも
女性に対して共感を示すアンビバレントな視点を内包し、
ポップに展開しています。
本展では、アクリル画をメインに、
オリジナルキャラクターを
3D彫刻にした作品も発表予定です。
ご注目ください。
(KUNST ARZT 岡本光博)



PRESS RELEASE


TSUZUKI Takumi (b.Osaka pref, lives
and works in Osaka)is an artist who uses
girls and women as motifs to express the fragility
and transience of the human spirit.
She graduated from the painting course
at Seian University of Art and design.




「拡張」
2019
1620x1940mm
キャンバスにアクリルガッシュ




「あかり」
2018年
727×606mm
キャンバスにアクリルガッシュ




「メメントモリ」
2019年
318×410mm
キャンバスにアクリルガッシュ



経歴

大阪府生まれ
成安造形大学卒業
現在ゲーム会社勤務

展覧会
個展  
2018年 匠展 (成安造形大学バスストップギャラリー)
2019年 I'm so happy (ぎゃらりーあーとぺーじ唯心)




個展「I'm so happy」 (2019)ぎゃらりーあーとぺーじ唯心)展示風景