谷藤百音 個展 「Pieces」
Mone TANIFUJI solo exhibition


2018年1月23日(火)から28日(日)
12:00から18:00

KUNST ARZTでは、谷藤百音の初個展を開催します。
谷藤百音は、レリーフ状のシースルーのオリジナル
パターンを増殖させて身体に纏うファッション系アーティストです。
オリジナルパターンは、グルーガンから
溶け出すエチレン酢酸ビニル(EVA)を巧みにコントロールし、
チュールと絡ませながら生み出されます。
「cell(2016)」は、まさにタイトルのように、
「細胞」が連続することで細胞分裂の様が生み出され、
「fur(2016)」は、ポロック絵画が立体化したかのような
印象を与えました。
細部の魅力も、是非、直接、確かめに来てください。
(KUNST ARZT 岡本光博)




synapse

2016
EVA、チュール



アーティスト・ステートメント

小さな点が線になり、平面になり、
やがて人の体を覆う物になる様子がとても好きです。
これから求められる服と誰も想像しない服について
考えながら日々制作しています。




cell 

2016
EVA、チュール




経歴

1994 滋賀県長浜市生まれ
2017 成安造形大学 ファッションデザインコース 卒業
2014 近江の麻プロジェクト 〜身に纏う一枚の布〜  弘誓寺
2015 SEIAN COLLECTION 『百花斉放』 京都文化博物館?別館
2015 「アート・コスチューム・アートvol.2」小西   
2015 『せんのせかい展』 個展 BSギャラリー
2016 SEIAN COLLECTION『Empathy』 京都文化博物館?別館
2016 第66回 西宮市展 西宮芸術文化協会賞 受賞
2017 成安造形大学 卒業制作展 2017 出品 優秀賞 受賞 京都市美術館
2017 SEIAN COLLECTION 『いろ』  京都文化博物館?別館
2017『キ・レ・イ』 gallery サラ
2017 毎日 DAS学生デザイン賞 出品 金の卵賞 受賞






kakiage

2016
EVA チュール