鈴木 真衣子 個展
集団の分断

SUZUKI Maiko solo exhibition
Division of a group

2020年10月20日(火)から25日(日) 
12:00から18:00

KUNST ARZT では、鈴木真衣子の初個展を開催します。
鈴木真衣子は、版画やアニメーションを用い、
日常的なモチーフをポップにユーモラスに「分解」することで、
そのモチーフに対する“思い込み”を揺さぶるアーティストです。
一般家庭の水回りに着目し、
蛇口や排水口といった見えている部分以外の、
給水・排水システムの存在を再認識したことを
きっかけに「分解」する展開がスタートしました。
3次元だと思い込んでいるモチーフを
“裏切る”形で「分断」する。
この裏切り方にこそ、
アーティストならではのメッセージや感性が表れています。
ご注目ください。
(KUNST ARZT 岡本光博)




PRESS RELEASE




林檎

2018
油性木版・鳥の子紙

ここで「腰掛けあり継ぎ」の構造を使用した理由は2つある。
1つ目は、林檎に全く関係のない分解をすることで、
「これは林檎である」という意味を無視するため。
2つ目は、鑑賞者に「結合」を意識させるためだ。



アーティスト・ステートメント

どんなに熱烈な支持を得ている食べ物でも、
動物でも、スポーツでも、「分解」することで、
単なる造形として無感情に見ることができる。
私が作品を作るのは、
日常にあふれている思い込みについて
考え直したいからだ。
近作では、誰もが目にしたことのある
物の「分解」に取り組んでいる。

We can observe foods, animals and sports
as simple shaped forms emotionlessly by 'dismantling',
no matter how they are.
Through printmaking, I try to rethink
assumptions in everyday life.
In my recent works, I 'dismantled'
something common for everybody.




木工用ボンド
2019
油性木版・鳥の子紙 

箱とボトルは分断されているが、
中身はそのままの形なので、
頭の中で合体させる感覚を味わえる。



経歴 

1995年  京都府出身
京都市立芸術大学 大学院美術研究科
絵画専攻 版画 修士課程在籍

グループ展ほか
2017年「しんすい展」(元・崇仁小学校/京都)
2018年「第11回大野城まどかぴあ版画ビエンナーレ」
まどかぴあ未来賞(大野城まどかぴあ/福岡)
2018年「第43回全国大学版画展」優秀賞
(町田市立国際版画美術館/東京)
2019年「A-Lab Artist Gate 2019 (あまらぶアートラボ)
2019年「大学版画展受賞者展」(文房堂ギャラリー)
2019年 「PORTO DI STAMPA 2019 圧力の湊
」(アートゾーン神楽岡)
2019年「第7回 PORTO DI STAMPA
-京都芸大版画8人展-」(B-gallery/東京)
2019年「全国大学版画展 第13回受賞者展
山形巡回&北の版画たちー」 (ギャラリーTHE TOP/山形)
2019年「京都のチカラ『50人50色』」
(リーガロイヤルホテル京都1階ロビー)
2019年「第44回全国大学版画展」優秀賞
(町田市立国際版画美術館/東京)
2019年「Print for Sale」(hatoba cafe Gallery/京都)




ペアルック

2019
アニメーション

ここでは、ペアルックの男女のカップルを
「自分たちが圧倒的に正しいと信じている多数派の象徴」
として扱っている。




鹿

2019
油性木版・鳥の子紙