大野 咲樹 個展
OONO Saki solo exhibition

GRAPH

2020年9月15日(火)から20日(日)
12:00から18:00

KUNST ARZT では、
大野咲樹の初個展を開催します。
大野咲樹は、平面作品における
立体感を考察するアーティストです。
「方眼紙」や「原稿用紙」といった既成の印刷物の
イメージを複製、回転、再構成などの行為を通して
平面性を強調した「297×420」(2019)と
「800字」(2019)。
破る、ねじるなどの行為を通して、
皺や陰影の凹凸要素のあるカラーペーパーを撮影し、
写真で表現することで平面に帰着させる
「かたち1」(2019)や「かたち2」(2019)。
問うテーマは、過去の巨匠たちも追求してきた
絵画史上の命題ですが、実験的に、軽やかに、
さらりと形にする感覚、感性にご注目ください。
(KUNST ARZT 岡本光博)




PRESS RELEASE




個展「GRAPH」展示風景(2020)



アーティスト・ステートメント

平面作品における立体感と平面性について興味があり、
奥行きを感じさせる陰影に変化を加えて
面構成の認識を作為的にずらすことで、
鑑賞者に図像の再認識を図ることを試みている。
例えば、ある立体物を正面から撮影した写真を見たとき、
写真に写っている物の形状は平面図であるにも関わらず、
その物を立体物として見える場合がある。
それは鑑賞者が写真に写っている物の奥行や
陰影などの情報を読み取り、
無意識に保管しているからではないかと考えている。
フィルム写真を現像する際に使用される、
印画紙と呼ばれる紫外線に当てると黒くなる紙の上に、
原稿をのせ、その上から感光させるフォトグラム
という技法を用いて、線をモチーフとした平面と立体、
どちらとも読み取れる奥行の認識や、
面構成の認識について考察している。




LINES#2

2019
242×192mm
紙、印画紙



経歴

1997 高知県出身
2019 京都精華大学芸術学部
メディア造形学科版画コース 卒業
現在、京都市立芸術大学大学院
美術研究科 絵画専攻 版画専攻 在学中

展覧会
2018 グループ展「fermata」
( アートギャラリー北野/ 京都)
2018 第43 回全国大学版画展
(町田市立国際版画美術館/東京)
2019 グループ展「ぞんざいな存在」
(多次元ギャラリー『キョロキョロ』/ 京都)
2020 グループ展
「The garden of the ray 6 Irradiation and emission
大野咲樹・星野想子」(O ギャラリーeyes /大阪)







LINES#9
2020
294×242mm
紙、レーザープリンターフィルム、
印画紙
\ 20,000 額 \ 5,000
*額サイズ 350×427×22 mm

800
2020
254×203mm
レーザープリンターフィルム、
印画紙
\ 10,000 額 \5,000
*額サイズ 350×427×22 mm

Flat 
2020
180×180mm 
紙、レーザープリンターフィルム、
印画紙
SOLD
*額サイズ 350×427×22 mm

MINES 
2020
180×190mm
紙、レーザープリンターフィルム、
印画紙
\ 15,000
*額サイズ 350×427×22 mm