大久保 海咲 個展
OKUBO Misaki solo exhibition

sigh to sign

2020年1月28日(土)から2月2日(日)
12:00から18:00

KUNST ARZTでは、大久保海咲の
京都初個展を開催します。
大久保海咲は、「植物」オブジェを軸に、
空間を異化するアーティストです。
2019年の大規模なインスタレーション作品「SONo.」では、
「植物の持つ形、自由さ、強さといった魅力」
(アーティストの言葉)が空間に解き放たれ、
空間の固有性は排除され、
どこでもない場所性と光の調整によって、
独特の時間感覚を形成していました。
そこには、日本人であること、女性であることなど、
カテゴライズされることに対する抵抗意識が
奏通低音として流れています。
(KUNST ARZT 岡本光博)

*toは、英語ではなくローマ字読みでto(と)と読みます。




SONo.

2019
クラフト紙、木材、ソファー




アーティスト・ステートメント

社会の中での人がカテゴリーわけ
されることについて疑問を持ち、
カテゴライズによる物事の認識について
問う作品を制作をしている。
大久保自身、幼少期から
多国籍の人々が暮らす地域で過ごし
様々な文化混在していることが日常にあった。
そういった経験から性別というカテゴリーの中では、
女性であるが、自分の性を受け入れて
女性らしく生きることにずっと疑問を持ち続けていた、
昨今話題になっているmetoo運動、
フェミニズムなどを通して様々な性のあり方、
人のあり方を知り、社会でのカテゴリーを抜きにした時
自分とは何者なのか、カテゴリーというものはあくまでも
他者に伝わる上での名前でしかない
というスタンスを持っている。
しかし、多くの人がまだ自分自身が社会の中で
カテゴライズされていくことへの意識は低いと感じ、
作家自身も含めともに考えていける表現を
したいと考えている。





SONo.

2019
クラフト紙、木材



経歴

1996 東京生まれ京都在住
現在 京都精華大学 芸術研究科博士前期課程芸術専攻 在籍

展覧会歴
2018 グループ展「fermata」アートギャラリー北野(京都)
2018 グループ展「SEIKAJACK」京都精華大学ギャラリーフロール
2019 個展「Bloom」FLAT space(大阪)





Bloom

2019
クラフト紙、石膏、スコップ