勝木 有香 個展 「FLOW AREA」

KATSUKI Yuka solo exhibition
FLOW AREA

2020年10月6日(火)から11日(日) 
12:00から18:00

KUNST ARZT では、昨年に引き続き、
勝木有香の個展を開催します。
勝木有香は、モノの動きそのものを、
独特のポップセンスで視覚化するアーティストです。
画面上には、一瞬一瞬垣間見える、
ものの動きの形が幾層にもトレースされ、
その周りの空気感がドットで表現されます。
Violent rhythm(2020)は、
直接壁面にシルクスクリーンした幅約10メートルの超大作で、
人々の動きの残像がそのまま映し込まれたような、
圧倒的な存在感でした。
本展も、展示空間を壁面作品とパネル作品で展開する構想です。
ご注目ください。(KUNST ARZT 岡本光博)


PRESS RELEASE



アーティスト・ステートメント

「動き」とは状態や状況の変化、移り変わり、
方向性など形が定まるものではない。
動いているその瞬間でしか捉えられない存在だ。
その存在というのは、自分自身の心情にも重なる。
常に動き続け、常に変化し、時間と共に流れていく




個展「FLOW AREA」展示風景
2020
by Office Mura Photo




個展「TURN ROUND AND ROUND」展示風景
2019
by Office Mura Photo



経歴

1996 大阪府生まれ
2019 嵯峨美術大学 芸術学部 造形学科
版画・写真領域卒業
嵯峨美術大学 大学院芸術研究科 造形複合分野
版画領域 在籍

【個展】
2019「TRACE MOVEMENT」galleryそら(大阪)
2019「TURN ROUND AND ROUND」Kunst arzt(京都)

【グループ展】
2018 「ワガハイ展」galleryそら(大阪)
2018 「summer group show」the blank gallery(東京)
2018 「SAGADASH」Art space MEISEI(京都)
2018 「二人展」galleryそら(大阪)
2019 「第63回CWAJ現代版画展」審査員特別賞
2019 「第7回NBCメッシュテックシルクスクリーン
国際版画ビエンナーレ展」 有楽町朝日ギャラリー(東京)
2019 「第44回全国大学版画展」優秀賞/
町田市立国際版画美術館賞 町田市立国際版画美術館(東京)
2020 「FLAT OUT!!!」Alternative Space yuge (京都)
2020 「U know they mean」 Steps Gallery(東京)




Violent rhythm

2020
2710×9480 mm
Silkscreen on wall

あるライブ会場で踊り狂う人たち。手や足、
頭の動く方向がバラバラで、まるで焦点が合わない。
リズムにのってライトが回転する事でストップモーションのように
前後、左右と様々な方向に交差する人の動きが記憶に残る。
響く音楽のリズムだけがその空間を一体化しているよう









Slipped and turn round and round
2019
1100×800mm
シルクスクリーン
\ 70,000
(with frame \90,000)
ed.10

Player waved bat
2019
422×544mm
シルクスクリーン
\ 23,000
(with frame \35,000)
ed.30

He struck and ran hard
2019
422×544mm
シルクスクリーン
\ 23,000
(with frame \35,000)
ed.30



にて他の作品を出品しています。