two blue objects

2018
キャンバスに油彩、針金、紙、アクリル、スプレー 
455×370mm




堀 奏太郎 個展 「四角い枠の内と外」
HORI Sotaro Solo Exhibition
inside and outside the square frame

2018年5月15日(火)から20日(日)
12:00から18:00


KUNST ARZTでは、堀奏太郎の個展を開催します。
堀奏太郎は、“キャラクターとしての絵画”を
制作するアーティストです。
ただし、分かりやすくキャッチ−なキャラクターではなく、
あくまでも「絵画」そのものがキャラクターであり、
画面の周りに取り付けられた立体物が
「足」や「髪の毛」として立ち現れてきます。
また、これらが「絵画」であると同時に
「四角い生命体」であることで、
鑑賞者は自ずと擬人化し、「目鼻」を探しながら、
従来の「絵画」の見方とは全く違う見方をしていることに
気付かされます。ご注目ください。
(KUNST ARZT 岡本光博)






アーティストステートメント

絵画を制作している。
私の作品では四角いキャンバスのまわりに
既製品や何か造形物をつけることが多い。
それはツノや髪の毛、手足のようであり
平面上に描かれるイメージは顔として
機能させようと組み立てている。
まるで何か人格を持った「キャラクター的な絵画」を
制作しているのだ。
私にとって、それらの作品たちは
「自分と対等、同値な他者」でいて欲しいと考えている。
お風呂あがりに洗面台の曇った鏡に映るのは、
自分自身の姿ではあるがはっきりとはせず物理的、
心理的な距離をもってそこに佇んでいる。
それを眺める私の視線は、
アトリエで制作途中の画面を見ているのに似ている。
作品は私自身
でも、分身や子どもでもなく、
対等な他者として少し遠くにいるのだ。




crown

2018
キャンバスに油彩、針金、紙、アクリル、スプレー 
285×255mm




経歴

1996年 京都生まれ
現在 京都市立芸術大学美術学部油画専攻に在学中

2017年 二人展「LP/S」 京都芸大学内小ギャラリー
2018年 京都芸大制作展2017内「personification」
2018年 「間間」The Terminal KYOTO




old TV

2018
キャンバスに油彩、針金、木材、木材、紙、アクリル、缶 
1305×225×530mm











青い二つのオブジェ
2018
キャンバスに油彩、針金、紙、アクリル  
455×370mm
\ 64,800

ファンシーユニコ  
2018
キャンバスに油彩、粘土、アクリル  
490×365mm
\ 54,900

ノーボディ 
2018
キャンバスに油彩、粘土、アクリル  
330×310mm
\ 54,900