東 春予 個展
HIGASHI Haruyo solo exhibition

実験漫画(コミックはミュージックのように)
Ut vierra musica

2019年3月12日(火)から17日(日) 
12:00から18:00

KUNST ARZT では、東春予の関西初個展を開催します。
東春予は、時間/ストーリーから放たれた“漫画”を通して、
独自の表現世界を探究するアーティストです。
本展では、楽曲/歌詞を元に作画した漫画を
ギャラリー空間に展示し、
その楽曲の作曲者がライブ演奏します。
展示は、前半/12日(火)から15日(金)と
後半/16日(土)、17日(日)の2部に分かれています。
前半の曲は『永遠』で、その作曲者である内村イタル氏が
12日にライブ演奏します。
後半の曲は『sons of liberty』で、
17日にpaper peopleがライブ演奏します。
「アート」、「漫画」、「音楽」・・・どのジャンルをとっても、
何かを変えてしまうような斬新さを内包しています。
(KUNST ARZT 岡本光博)





All Young Dudes

2017
紙・アクリル・インク




らりるレミ子

2017
紙・アクリル・インク



アーティストステートメント

漫画を壁いっぱいに拡大し、
一コマ一コマにタイトルを付ける、
という形態で作品を制作している。

漫画のコマはその中の時間、
ある一瞬をそれそのものとして保護する装置である。
仮に、紙媒体の漫画からある一コマを切り抜いて
壁に貼れば、それはストーリーの構成物という
位置付けから抜け出して、単なる絵、
それそのものになる。

過去も未来もないある一点として、
そのコマの中の時間は永遠に保たれ、
過去・現在・未来の時間軸から解放される。
連ねられた全ての現在がそれそのものとして
同列に保護される。連なりながらもストーリーに
されるのを抗う瞬間、個々が個々の為だけにある瞬間、
その連続として初めて成り立つ漫画の
表現形式を提示している。
 今回は、上記の形式で二つの曲をもとに
ナンセンス漫画を制作し、且つ、作曲者に
展示場でその曲を演奏してもらう。
曲をワンフレーズごとにビジュアル化することで、
彼らが瞬間を連ねて作る演奏を、
個々の瞬間のままに保護する。
彼らは瞬間を連ね、曲としてのうねりを作る。
私はその瞬間の連なりに対し垂直に、
永遠性を打ち付ける。

(曲の提供・出演/
『永遠』内村イタル、
『Sons of Liberty』paper people)







前夜

2018
紙・アクリル・インク



経歴

1995 鹿児島県生まれ
2018 京都造形芸術大学 情報デザイン学科・
イラストレーションコース卒業

個展
2018「実験漫画 破線(連ねられた点による)」
Ondo STAY&EXHIBITION (東京)

受賞歴
2018 京都造形大学卒業展 同窓会特別賞







2018 
紙・アクリル・インク













灰になって煙に巻いた彷徨に
2018
紙・アクリル・インク
\ 35,000

僕は見たから
2018
紙・アクリル・インク
\ 35,000

頭にかぶせた土砂降りの考え
歩いて行こうってね
2018
紙・アクリル・インク
\ 20,000