大東 真也 個展
DAITO Masaya solo exhibition

必然的な事だが偶然的な運命
It is inevitable but a accidental fate

2018年9月11日(火)から16日(日)
12:00から18:00



KUNST ARZT では、大東真也の個展を開催します。
大東真也は、主にガラス製の既製品に熱を加えて
変形させることで、ガラス素材の魅力を引き出しつつ、
既視感を揺さぶるアーティストです。
ガラス製品に熱を加え、重力に従って変形する様を
提示する作品から、巨大な窯を作り上げ、
大量のガラス製品に熱を加える行為そのものを
作品としたものまで多岐にわたります。
後者は、一見、古代の宗教儀式を彷彿させる反面、
そこで素材に還元されるものは、現代の大量生産された
ガラス製瓶であることの両義性も魅力になっています。
ご注目ください。(KUNST ARZT 岡本光博)


魂の行方

2018




アーティスト・ステートメント

地球には様々な素材が存在する。
その中でも硬質な物、透過性・反射性の
高いものに魅力を感じることがある。
金属やガラスなどの素材があり、
それらは日常の中で使用されることが多い。
例えばガラスは窓や瓶や食器、
金属は建築物や機械や硬貨などがある。
素材は生活の中で製品などになり、
素材として埋もれてしまう。
そして素材としての魅力を無意識に
見過ごしてしまうことがある。
私は日常の中の製品から今は
主にガラス瓶を作品制作に扱っている。
ガラス瓶の性質を利用し、熱を加えて
重力を利用して形を変形させ作品制作を行っている。
ガラス瓶という既製品(物)からガラスという素材へ
戻すことにより、ガラスという素材の元々持っている
透過性・色味・硬質感というような
魅力がより見える形になる。
そしてガラス瓶から逸脱した存在となり、
通常とは異なる視点を表現している。




海のかたち

2017




必然的だが偶然的な運命

2018

火は人間の日常生活に必要不可欠であるが、
その一方で人間を死にも至らしめる恐ろしい存在でもある。
また、宗教的な事や生命・死などの象徴でもある。
この作品は独自の巨大な窯を制作し、
窯という第三者の介入できない空間で、
古代の儀式のように火を神格化したかの如く一日火を中焚く。
窯の中には1000本以上の大量のガラス瓶が詰められており、
大量のガラス瓶が同時に溶け合わさりガラスという素材へ戻す。
このことが少し離れているようにも思えるが進化論的要素もあり、
ガラス瓶から逸脱した別の存在となる。



経歴

1995年 滋賀生まれ
京都精華大学 大学院芸術研究科在籍

展覧会
2017年 大東真也 寺本真裕 二人展
『avancer』(多次元ギャラリーキョロキョロ・京都)
2017年 Sculpture Survey 2017
34th Annual Exhibition
(Gomboc Gallery Sculpture Park・オーストラリア)
2017年 アート町家ステイ2017
(庵 石不動之町町家・京都)
2017年 アトリエ三月年末公募展
(アトリエ三月・大阪)
2018年 大東真也展
(京都精華大学ドラフトギャラリー・京都)

受賞歴
2017年 第71回滋賀県展・芸術文化祭賞
2018年 第4回藝文京展・京都市長賞



cycle

2017