渡辺 絵梨奈 個展
光を感じること

WATANABE Erina solo exhibition
to feel the light

2022年11月1日(火)から6日(日)
12:00から18:00


KUNST ARZT では、初となる
渡辺絵梨奈の個展を開催します。
渡辺絵梨奈は、カメラで捉えた世界から
液晶画面のような構造の
シルクスクリーン作品を制作するアーティストです。
「人として生きるための考察」である
日々のスナップ写真を起点に、
そのイメージを色分解などのプロセスを通し、
アルミ箔の上にシルクスクリーンすることで、
写真イメージの物質性や見えていない光を可視化させ、
光について改めて考察する作品を生み出しています。
既視感を揺さぶられに来てください。
(KUNST ARAZT 岡本光博)



アーティストステートメント

光がただそこにあるように

私たちはここに在る。
光は色であり、時間であり、
光が在ることで、私たちは目で”みる”ことができる。
私にとって”みる”ことは自分の内側から
身体感覚を持って世界を捉えること、
ここにそれらが在り自分達が在ることを確かめる行為である。

版画:シルクスクリーン
元々、「光を見ている」ことを表現するために
今の表現方法となった。
銀箔は光そのものを、光は
粒子であることからドットを用いている。
印刷技法である四色分解(CMYK)は鑑賞者が目で見て、
光の粒を自身の脳によって補完し
写真イメージとして捉える過程に魅力を感じている。

バックが白い作品は光、
またその現象にフォーカスした版画作品。
バックが黒い作品は光が反射しない部分を作り
距離感を掴みづらくする狙いがある。
写真としての版画として仕上げた。

写真:人として生きるための考察。「透き間」
今自身が感じていることを日常を中心としながら撮影したもの。
昨年zineとして制作した写真を中心に再編集した。



PRESS RELEASE



WATANABE Erina (b.1995, Hyogo pref, lives and works in Kansai)
is an artist who creates silkscreen works
with a structure similar to a liquid crystal screen
from the world captured by a camera.
She earned her master's degree in
a ceramic expression course at Kyoto Seika University.




the clue
2022
850×1204×20mm
パネルにシルクスクリーン/アルミ箔




whereabout
2022
インクジェットプリント/ ターポリン
1456×1030mm




ハーフウェー 
2022
545×394mm 
シルクスクリーン/アルミ箔



photo by WATANABE Erina



経歴

1995年兵庫県生まれ
2018年京都精華大学芸術学部版画コース修了

個展
2018年 pitfall” (アトリエ三月・大阪)
2020年 気楼と魚 (kumagusukuSAS・京都)

グループ展
2017年 180メッシュでお願いします(kara-S・京都)
2017年 SICF18(スパイラルガーデン・東京)
2018年 Kinoprint2018 (ギャラリーヒルゲート・京都)
2020年 心覚えをたどる(hatoba cafe/Gallery・京都)




無意識と摩耗
2019
シルクスクリーン/アルミ箔