鈴木 ひょっとこ 個展
勝手ながら祝祭日

SUZUKI Hyottoko solo exhibition
My arbitrary festival day

2017年9月12日(火)から17日(日)
12:00から18:00


KUNST ARZT では、鈴木ひょっとこの個展を開催します。
鈴木ひょっとこは、祭りをテーマに、
日本古来の伝統文化と現代性を掛け合わせる
ユーモア・アーティストです。
『神楽』の研究のため宮崎を拠点とし、
発表は東京が多いのですが、
本展は貴重な関西での展示になります。
絵画、彫刻、アニメーション、雑貨など
多岐にわたるメディアを駆使し、
独自の世界観を構築する彼女に注目ください。
(KUNST ARZT 岡本光博)






りんご美人祭
2013

日本人にとって、ふくよかな女性から華奢な女性へ
の美人像の転換、神への祈りの儀式であるお祭が
屋台の並ぶ娯楽イベントのように変化したこと、
それらの本来のあり方が、異質な価値観を取り
入れて変化したことを『毒入りの食品』の摂取に
なぞらえて、このインスタレーション作品では
その転換への問いかけを込めて表現しています。




炎熱調理器・清姫

2014
『道成寺』の物語に登場する清姫の姿を
調理器のガスコンロに見立てた彫刻です。
清姫の心情と火力調節の
ダイヤル表記を掛け合わせています。



アーティストステートメント

私は新興住宅地の団地で育ち、
地域の伝承文化にあまり触れることがない
子供時代を過ごしました。
その中で印象に残っているのは、
たまに行く祖母の家の近所で観た、
活気に満ちて楽しげな縁日や盆踊りでした。
私にとって身近な無機的なものに
囲まれた暮らしという現実と、
お祭りを始めとする日本古来の文化への憧れが
現在の私の表現に繋がっていると思います。

私の制作テーマは『悲しい』『怒り』『違和感』などの
”マイナスのイメージを笑いに昇華する”ことです。
お祭りには参加者の日常のフラストレーションを
発散するという側面がありますが、
それを作品で実現したいと考えています。

作品形態は日本の伝統的な文様や浮世絵、
お祭りと現代の生活用品や外来の文化などを
掛け合わせた絵画、彫刻、アニメーション、
それらを組みあわせたインスタレーション、
雑貨など多ジャンルで制作発表しています。
また、制作する過程で、静止した絵が動くことで
キャラクターとして命を吹き込まれたように
見えるアニメーションが、お祭の中でも
特に『神楽』の舞の、静止した面が舞という動きと
合わさることで生きているように感じられることと
共通していると感じ、もっと神楽を観て影響を受けたい
という思いから、多くの神楽を保存伝承している
宮崎県へと2015年に制作場所を移しました。




家電図『掃除機女』

2010

肉筆浮世絵の表現で
現代の家電製品をモチーフに描いた、
江戸時代には描きえなかった
現代ならではの浮世絵を
描くという趣旨で制作された『家電図』。
これは作者の自画像と掃除機を組み合わせ、
ごみの吸引とストレスを溜め込む
現代人の病的な様子を掛け合わせ、
妖怪ろくろっ首のように描いています。





家電図『ウォシュレット』

2016



1983 兵庫県生まれ
2007 武蔵野美術大学造形学部卒業
現在 宮崎/東京を拠点に活動中。

個展
2011「ひょっとこのはじまり」NANJO HOUSE
2015「ひょっとこのひとり祭り in 宮崎」
油津赤レンガ館
2015「ひょっとこのひとり祭り in 東京」
NANJO HOUSE
2016「ひょっとこの絵・切絵・映像」
ギャラリー厩戸

グループ展
2013 GEISAI#18  ポイントランキング4位入賞
2013「GEISAI#18 Point Ranking受賞者展」
Hidari Zingaro
2014「第三回 天祭一○八」増上寺
2015「アサクサコレクション2」
隅田公園リバーサイドギャラリー
2016 田川亞希・鈴木ひょっとこ二人祭「もののけのから」展 
白白庵
2016「第六回 天祭一○八」増上寺
2017「浅草甲乙数寄合戦」まるごとにっぽん
2017「ピーチガールズフェスティバル」 伊勢丹新宿本店
2017「日本の夏の風景 ひょっとこちょうちんとかごバッグ」福岡三越


書籍「ハナモゲラ和歌の誘惑」
笹公人 著(小学館) 装画・挿絵




手描きちょうちん『黒だるま』

2016