《##0》
2022 
パネルにアクリル 
2250×2250mm




下村 悠天個展
SHIMOMURA Yutaka solo exhibiton

2023年3月28日(火)から4月2日(日)
12:00から18:00

KUNST ARZTでは、下村悠天の個展を開催します。
下村悠天は、二次元のキャラクターへの関心、欲望から、
結果として、絵画的イリュージョンを誘発させるアーティストです。
《#》シリーズは、膨らませた風船の上にアクリル絵具で
キャラクターの顔を描き、萎んだ状態を“絵画”として
表現する連作です。萎んだ状態であることが、
キャラクターが3次元化したことの証でもあり、
729個もの萎んだキャラクターの顔がシンプルに
並べられた作品《##0》には、圧倒的な凄みがあります。
本展は、現在展開中の《⊥》《#》《\》の3シリーズを
同時にご覧いただける構想です。
お楽しみに。
(KUNST ARZT 岡本光博)



PRESS RELEASE





\
2022
アクリル 
300×210mm



アーティスト・ステートメント

《⊥》シリーズについて

 現代においてタッチパネルやVRゴーグルといった
デジタルデバイスを通した経験(VRchat、Vチューバー配信など)は、
私にとってかつてのキャラクターに対して
新たな欲望を喚起するものであった。
それは今までキャラクターを見るという一方的な関係は、
相互的な関係を結ぶことで、”触れたい”という
触覚的なものへの欲望を誘発させたのだ。
 
 そして以下のプロセスを経て作品が出来上がった。
[1]一色で平滑に厚く盛られた乾いていない絵の具の下地を作る。
[2]デジタル上で描いたキャラクターの絵を、
わずか0.21mmの薄い膜に印刷し、
それを[1]で出来た下地に貼り付ける。
[3]その画面を自身の指で触れる。
 ※[2]でできたフラットな表面のキャラクターの図像は、
触れることで下の厚く盛られた絵具の層が現れ、
シワや凹凸を作り「立体的に」立ち上がる。
 
 二次元の絵画(キャラクター)は、一度は作者(私)によって、
インタラクティブに三次元(肉体)的に触れることを可能にする。
しかし、絵具が乾いていくにしたがって、触覚的なものは
視覚的なものとして浸透していく。
 それは「人はキャラクターには結局触れることができない」といった、
キャラクターを物質化することで不可避的に生じるズレ、
その関係構築の不完全さを生むものであった。
しかし、そこに発生する絵画的イリュージョンが、、、、





《⊥ #40》
2022
パネルに綿布、転写シート、アクリル
540×405mm



経歴 

1999年 滋賀県生まれ
2018〜 京都市立芸術大学 美術学部 美術科 油画専攻 入学
現在 京都市立芸術大学院修士過程 絵画専攻油画に在籍

【グループ展】
2023年
「ARTISTS? FAIR KYOTO」/京都文化博物館/(京都)
「Study:大阪関西国際芸術祭」/大阪府中之島図書館、
グランフロント大阪/(大阪)
2022年
「とけあう痕跡」/YOD TOKYO/(東京)
「It?s Gonna Be Awesome!!! part2」/YOD TOKYO/(東京)
「Open Studio Exhibition」/京都市立芸術大学/(京都)
「SMILE」/SUNABAギャラリー/(大阪)
「ゆうだち」/新宿眼科画廊/(東京)
「京都市立芸術大学 作品展」/京都市立芸術大学/(京都)
「ゆきどけ」/新宿眼科画廊/(東京)
2021年
「婆娑羅系 II」/SUNABAギャラリー/(大阪)
「むなの在りか」/aotake/(京都)
2020年
「裏kawaii II」/SUNABAギャラリー/(大阪)
「スーパースプラウト〜超☆芽吹き〜」/マンションみどり/(大阪)
2019年
「京都市立芸術大学 プレ作品展」/元崇仁小学校/(京都)
「浮遊する変体 vol.2 coexitence」/KAGANHOTEL /(京都)



《⊥ #30》
2022
パネルに綿布、転写シート、アクリル 
275×195mm