北村 美沙 個展
「断面から游ぐ」

KITAMURA Misa solo exhibition
swim from a section


2016年12月6日(火)から11日(日)
12:00から18:00


KUNSTARZT では、北村美沙の初個展を開催します。
北村美沙は、主に着色した石膏を使い、
表層と構造の関係性を視覚化するアーティストです。
一見、可愛らしく淡い色彩の石膏の積層作品ではありますが、
首像であろうが、時にスパッと断面を見せ、
隠れた部分の構造を大胆に表現します。
大きな震災を経験し、ハザードマップなどで
我々が暮らす大地の構造を意識するようになった時代背景も、
彼女の作品にリアリティーを与えています。
ご注目ください。(KUNST ARZT 岡本光博)





ぐるっと回る断面 2

2016年、石膏、ポスターカラー




ぐるっと回る断面 6

2016年、石膏、ポスターカラー




左:
ほぐれる断面 1
2016年、石膏、ポスターカラー
w690mm

ほぐれる断面 2
2016年、石膏、ポスターカラー




はしっこ

2015
石膏



アーティストステートメント

地層や石の断面を見て感じたことをテーマにしています。
表面に見える縞やデコボコの模様は中へと続いていくけれども
内部ではどのような形につながっていくのか不思議に思います。
色の違う部分は境で分かれ、どこまでも交わらないのか
それとも上下左右に入り組み、くっついているのだろうか。
外側の形から内側を想像し、2つの関係を考えています。





border2

2014
石膏
1.500×350×350mm




経歴

1992 京都府に生まれる
2016 京都嵯峨芸術大学造形学科彫刻分野卒業


展覧会

2012 「mixed exhibition」京都嵯峨芸術大学
2013 グループ展「ろくにんのとなり、」 ギャラリー中井
2014 「Lv.22」京都嵯峨芸術大学
2016 「第44回京都嵯峨芸術大学制作展」 京都市美術館



ふちうち

2016
石膏
3.000×2.000mm




border

2014
石膏
360×480×50mm

地層の重なりが見えている所に興味があります。
下から順に堆積していき、一番上の層しか見えない物が、
地殻変動により現れてくる。突然現れたむき出しの状態に
驚きと面白さを感じています。









ぐるっと回る断面 4
2016年、
石膏、ポスターカラー
\ 30,000

ぐるっと回る断面 6
2016年、
石膏、ポスターカラー
\ 30,000

ほぐれる断面 1
2016年、石膏、ポスターカラー
\ 30,000

ほぐれる断面 2
2016年、石膏、ポスターカラー
\ 30,000