柳瀬安里 個展
「光のない。」

YANASE Anri solo exhibition
KEIN LICHT

2017年3月7日(火)から12日(日)
12:00から18:00



KUNSTARZT では、柳瀬安里の初個展を開催します。
柳瀬安里は、デモなどの特殊な状況が発生している場において、
ある継続行為を行い、そこに居合わせた様々な立場の人々の
反応も含めて、映像作品化してきたアーティストです。
「線を引く(複雑かつ曖昧な世界と出会うための実践)」では、
国会前、安保法反対デモで抗議中の市民の間や、
警察の規制線を嘲笑うかのように警察官の間を
“自由に”チョークで線を引き、「光のない。」では、
東日本大震災と原発事故を題材にした、
エルフリーデ・イェリネクの長編テキストを暗唱しながら、
沖縄高江のヘリパッド建設工事ゲート前を通過していきます。
頼みもしていない、機動隊3人を連れて。
ご注目ください。(KUNST ARZT 岡本光博)




「光のない。」

2016-17
映像



アーティスト・ステートメント

「光のない。」は、オーストリアの作家、
エルフリーデ・イェリネクによって、
2011年3月11日に発生した地震とそれに伴う津波、
さらに福島第一原子力発電所事故をきっかけに
制作された戯曲である。
「光のない。」を暗唱しながら、沖縄の北部を歩いた。
そうすることで、本文中に多用される
「わたしたち」とは今誰なのか、一体何なのかを体験しようとした。
また、わたしたちとわたし、当事者と非当事者、
現実と妄想、(例えば震災の)以前と以後の間で
揺れ動くわたしたちの向かう先を問い続ける。




京都新聞 2017年3月11日付 平田剛志さん「柳瀬安里」展評




線を引く(複雑かつ曖昧な世界と出会うための実践)」

2016
映像

国会前と京都で、チョークや指を使い
線を引き続ける様子を撮影した映像作品。
チョークを持ってしゃがんで地面に線を引く。
いつもより低い姿勢で、前ではなく下ばかりを見ながら、
人と人の隙間や日常と政治の隙間、
賛成と反対の隙間を素早くすり抜けようと試みた。



経歴

1993 埼玉県生まれ
2016 京都造形芸術大学 美術工芸学科 写真コース 卒業

展覧会歴
2017「なにをみて、なにをつくる」ギャラリーフロール
2016 「フクシマ美術」KUNST ARZT
2016 「不安な干潟-Insecure tide land-」福利社 Frees Art Space
2016 「開校70周年記念国際交流展」弘益大学校 現代美術館 HoMA
2015 「PARK展」 KYOTO ART HODTEL kumagusuku
   (三人娘(菊池のえる・松本杏菜・柳瀬安里)での出品)
2014 「DIALOGUE展」Johnbull Private Labo 京都店









「光のない。」
2016-17 
DVD 17 min 
edition.5
\ 50,000