八木 翔子 個展 「いろ+さかいめ=□□□」
 同時開催「Re:NINI」展

YAGI Shouko solo exhibition
color+boundary=□□□
with Re:NINI

2017年2月28日(火)から3月5日(日)
12:00から18:00


KUNST ARZT では、昨年に引き続き、
八木翔子の個展を開催します。
八木翔子は、抽出と歪曲というイメージ操作によって
独特の世界観を表現するアーティストです。
デカルコマニーの境目をなぞり、
そこに現れた形に具体的なイメージを与えます。
光/色の世界から事物や生き物が立ち現れるという
スピリチュアルな魅力を備えています。
また本展では、人気のタイツプリントなどの作品を展開する、
彼女が手がけたブランド「Re:NINI」展も同時開催します。
ご注目ください。(KUNSTARZT 岡本光博)



展覧会コンセプト

デカルコマニーの偶然性と、自身の感情や想像の必然性を
融合させることによって深い部分にある心象風景を表現している。

Re:NINIはプリントの可能性を追求して独自のデザインで
幅広い世代の人々にプリントの面白さや
美しさを伝える為に立ち上げたブランド。
色々な生地に対して材料を変え、
こだわりを持ってプリントの素晴らしさを広めたい。



アーティストステートメント

水彩絵の具でデカルコマニーの偶然性を用いて
色を重ね、色と色の境目をなぞり、
様々なモチーフを生み出している。
その生み出したモチーフは今まで自身が見たもの、
想像したもの、感じたものである。
偶然性から生まれた色と線から、自身の世界観として
必然性に変え、表現している。
Re:NINIではデザインも手がけている。




深海

2017
マットサンダース
水性ペン 水彩絵の具






2017
マットサンダース
墨汁 筆ペン




紅茶

2017
マットサンダース
耐水性ペン 紅茶 水彩絵の具






2017
マットサンダース
耐水性ペン 水彩絵の具




Poco Poco
2014
850×1300 水彩紙 パネル シルクスクリーン 手彩色




赤と青の生き物

2016

マットサンダース紙、水彩絵の具、耐水性ペン




分裂

2016
マットサンダース紙、水彩絵の具、耐水性ペン






経歴

1992 大阪生まれ
2015 京都嵯峨芸術大学 芸術学部 造形学科 卒業

展覧会
2014 版画4回生展 「四線譜 FOUR-LINE-SCORE」 cumono gallery
2016 個展 Boundary of Watercolor/Tsuyu tights展 KUNST ARZT

works
大阪国際大学「MONKY PANIC」スタッフパーカーデザイン 制作
ロックバンド 「夜行性のドビュッシーズ」 物販グッズTシャツ制作
ロックバンド 「私の思い出」ベース担当 ライブ用レギンス制作
バックドロップシンデレラ ボーカル担当 ライブ用タイツ制作


おさるさんタイツ

2016
タイツ、ラバーインク




星めぐりタイツ

2016
タイツ、ラバーインク




パンダさん

2014
タイツ、ラバーインク




キリンさん

2013
タイツ、ラバーインク



以上、
八木 翔子 個展
"Boundary of watercolor/Tsuyu tights"
2016年2月2日(火)から7日(日)
より









にしきごいタイツ
2017
タイツ、ラバーインク
\ 4,000
深海
2017
マットサンダース
水性ペン 水彩絵の具
\ 10,000


2017
マットサンダース
耐水性ペン 水彩絵の具
\ 10,000

おさるさんタイツ
2016
タイツ、ラバーインク
\ 4,000

星めぐりタイツ
2016
タイツ、ラバーインク
\ 4,000

分裂
2016
マットサンダース紙、水彩絵の具、
耐水性ペン
\ 60,000

Poco Poco
2015
マットサンダース紙、水彩絵の具、
耐水性ペン
\ 50,000