タカスカナツミ 個展
TAKASUKA Natsumi solo exhibition

ハブラシと、アイボリー、ライト、ブラウンと、ペン、ミュート
Toothbrush, ivory, light, brown, pen, mute

2017年3月28日(火)から4月2日(日) 
12:00から18:00

KUNST ARZT では、5度目となる
タカスカナツミの個展を開催します。
タカスカナツミは、ツイートするかのように、
日常のちょっとした気付きや想いを
既製品を用い表現するアーティストです。
作品タイトルにもなる「つぶやき」を起点に
雑貨屋やネットショップでのリサーチや
ショッピングを通して、イメージしたビジュアルに
近づけていきます。サブルームでは、
ドローイングのグッズの展示販売を
予定しています。
彼女のつぶやきに耳を傾けてください。
(KUNST ARZT 岡本光博)




「行きたいときにトイレ行きたい」

2017
学校の椅子プラモデル、ミニチュアラジカセ




「眠くて眠くてだめかもしれない」

2017
ウォッチスタンド、眠眠打破




「小麦アレルギーにならんか心配」

2017
小麦粉、ジオラマの遊具、ジオラマの人




「後半食べることしか考えてない」

2017
ペンスタンド、おもちゃのポッキー、食パンキーホルダー




「老後が不安だ」

2017
ジェンガ、小さい家、ジオラマの人、ミニ車




以上、個展 「ハブラシと、アイボリー、ライト、
ブラウンと、ペン、ミュート」(2017)









KUNST ARZT では、昨年に引き続き、
タカスカナツミの個展を開催します。
タカスカナツミは、ツイートするかのように、
日常のちょっとした気付きを
既製品を加工して表現するアーティストです。
芸術系大学の写真学科在学中から、
写真メディアよりも雑貨などで作品を構成する
現在のスタイルを選択し、
作品のイメージにヒットする既製品に出会うまで
ウェブや雑貨店めぐりを行う、という
制作プロセスは一貫しています。
モノに溢れる現代消費社会を映し出しつつ、
肩肘を貼らない一人の女性の等身大の
つぶやきに耳を傾けてください。
(KUNST ARZT 岡本光博)






アーティストステートメント

なにげない毎日。
ふと思ったことを書きためる。
大事なこと、どうでもいいこと、いろんなこと。
思ったことひとつひとつにはなにか意味がある気がする。
はっきり知りたいわけじゃないけどかたちにして残したくなった。




泳ぎたくてたまらん
2016




欲しいものいっぱいある
2016




探し物がなかなか見つからん
2016




なんか思ってるんと違う
2016




「川」

2016 
シルクスクリーン



以上、
バター、まえがみ、スクワット、ねる、空振り、きりとる、川
butter, bangs, squat, sleeping, whiff, cutting, river
2016年3月29日(火)から4月3日(日) 

より




メール返すんついつい遅くなる
2015
カメ貯金箱、タオル、ミニチュア帽子、カバン、手紙




ちょっとやせてきたかも
2015
スケール、さるフィギュア、ふうせんピック




グチは言わない
2015
マトリョーシカ入れ物、吹き出しピック、モザイクシール

以上、
「毛布と粒とフラフープ、宇宙、あくび、発光かるく」
Blankets and grain and hula-hoop,
the universe, yawn, emission lightly
2015年3月31日(火)から4月5日(日) 
より




「服決めるのめんどい」2013


「集中しないといけないこと以外に集中している」2014


「ひきこもるとお金が貯まる」2013


「ちょっと時間が経つのが早すぎる」2014


















愛着がわきすぎる 2013




ここ何日かなんも進んでない 2013




結婚ラッシュか 2013




目は疲れてるけど体は元気 2013




原付乗ってなさすぎる 2013




以上、
タカスカナツミ個展展示風景 
みどりのスカート、なんか、ゲーム、
みつあみ、あげる、オレンジジュース」
2013年1月29日(火)から2月3日(日) 
12:00から19:00 (最終日17:00まで)







栄養がほしい 2012










「そろそろ息抜きしたい」

ウルトラの母フィギュア、フィギュアの洋服
2009




「誰か養ってくれ」

飼育ケース、マキちゃん、その他小物
2010



「ほんと家せまい」

男の人おもちゃ、パズルの家
2011




1989 愛媛生まれ
2012 成安造形大学造 写真クラス研究生修了

《 solo exhibition 》
2016「バター、まえがみ、スクワット、ねる、
空振り、きりとる、川」 KUNST ARZT / 京都
2015「毛布と粒とフラフープ、宇宙、
あくび、発光かるく」 KUNST ARZT / 京都
2014 「ぬるいプールとラジオ体操、はちみつ、
たまにレモンスカッシュ」 
KUNST ARZT / 京都
2013 「みどりのスカート、なんか、ゲーム、
みつあみ、あげる、オレンジジュース」
KUNST ARZT / 京都
2012 「甘いガムに化石とソーダ、白いヒーローに山」
tentoten gallery / 大阪
2011 「リュックに食パンに鼻歌に、ゆがんだ星屑を拾って泳ぐ」
立体ギャラリー射手座
2010 「小さな庭に宇宙とまるいのが生えてきた」 
立体ギャラリー射手座 / 京都


《 group exhibition 》
2015「ささやかな ねじる なんでもない となり ふり」 
utaco drip / 愛媛
2015「case8」 GALLERY Live-Art / 愛媛
2013 「即席美術館」 じぶん / 京都
2012 
「EAST ALOHA」 ガーディアンガーデン / 東京
「美術なコンビニ」 KUNSTARZT / 京都
「KUNST ARZT preview」 新風館 / 京都
「Slow Swallow Show」 ギャラリーキューブ / 滋賀
「第1回Kawaii+大賞展」 スパイラルガーデン / 東京
「SHOUKA」 galerie 16 / 京都
「成安造形大学卒業制作展・進級制作展」 京都市美術館
2011 
「第5回1_WALL展グラフィック」 ガーディアンガーデン / 東京
「Inquietude」 ギャラリーアートサイト / 滋賀
「成安造形大学卒業制作展・進級制作展」 京都市美術館
2010 
「SEIAN PUSH メディアデザイン領域」 ギャラリーアートサイト
「写真クラス選抜展」 フロントギャラリー / 滋賀
「成安造形大学進級制作展」 大津市歴史博物館 / 滋賀
2009 
「INFUL」 GALLERY cubo / 愛媛
「凡人と見知らぬところ」 GALLERY MARONIE / 京都










タカスカナツミ
「後半食べることしか考えてない」
2017
\25,000
ペンスタンド、おもちゃのポッキー、
食パンキーホルダー

タカスカナツミ
「行きたいときにトイレ行きたい」
2017
\28,000
学校の椅子プラモデル、ミニチュアラジカセ

タカスカナツミ
「ブロッコリー」
「雪見だいふくのスティック」
2017
\ 1,000 each
キーホルダー

「なんか思ってるんと違う」
2016 
\25,000

「レタス」&「豆乳のパック」
2015
缶バッジ
\ 300

「マヨネーズ飛び出た」
2015
コピー用紙、ペン  
\ 5,000

メール返すんついつい遅くなる
2015
\28.000

待ってるんだけど来ない
2015
\25.000

わたしも褒められたい
2015
\25.000

ちょっとやせてきたかも
2015
\23.000

ひさしぶりに筋肉痛なりそうや
2015
\23.000

服決めるのめんどい
2013
¥30,000
ちょっと時間が経つのが早すぎる
2014
¥20,000
ed.3
今日は働きたくない
2013
¥20,000
ed.3
たまには大人っぽくなりたい
2014
¥28,000