端地美鈴 個展
HASHIJI Misuzu solo exhibition

アイスたべたら
If I eat ice


2015年11月3日(火)から8日(日)
12:00から18:00







KUNST ARZT では、端地美鈴の2度目の個展を開催します。
端地美鈴は、“消しカス”を効果的に用いることによって、
独特のコンセプチュアルな映像作品を
生み出すアーティストです。
一見、ウィリアム・ケントリッジの
「動くドローイング」を彷彿させますが、
端地作品は定点ビデオ・カメラで記録したノーカットの
動画の早送りという操作のみによって成立しています。
そして何よりも、描いたモノを消す際に生み出される
“消しカス”を捨てることなく、
逆に“命あるもの、動きのあるもの”を描く素材として用います。
また黒く塗りつぶされた状態から
“消しカス”を生み出すことと引き換えに、
“消された部分”が光を表象することも
作品世界に深みを与えています。
陰陽思想をビジュアル面でもコンセプト面でも
見事に視覚化しています。
本展では、「絵本」と「アニメ」の関係を考察します。
ご注目ください。
(Kunst Arzt 岡本光博)


i以上、端地美鈴 個展
アイスたべたら
2015年11月3日(火)から8日(日)




5:00 evening

02:30 / 2014
鉛筆、消しゴム、消しかす、紙

「木津川アート2014」での上映作品として制作し、
NTT西日本山城木津川別館にて上映。
今ではほとんど使われなくなった
古いビルで働いていた女性をモチーフに、
こどもの頃の思い出、夕方の5時を舞台に
アニメーションとした。
「まち」をテーマに京都府木津川市のまちの
風景を取り入れながら制作した。



今回の個展についてのアーティスト・ステートメント

絵本をみていると「これはアニメーションだな」と思うときがある。
アニメーションをみていると「これは絵本だな」と思うときがある。
見開き15枚で描く絵本と、
何枚描いたかわからないくらい描くアニメーション。
絵本の15ページの静止のなかの「動き」と、
アニメーションの動きのなかの「静止」が
ふたつをあいまいにさせ、どちらでもなく、どちらにもなる。
絵本「アイスたべたら」も、アニメーション「アイスたべたら」も
どちらかというと、どちらでもなく、どちらにもなる。




Television

00:48 / 2015
鉛筆、消しゴム、消しかす、紙

テレビの電源を入れる。
夜7時からのプロレス番組にチャンネルをあわせる。
スープレックスが凄かったと、明日の誰かとの話題になる。
遠くはなれた場所での昨日の出来事が、
明日の誰かとの一部になることは
過ぎたはずの timelain が、timelake になる瞬間である。




くるりの「Remenber me」PVのための絵コンテ





以上、KUNST ARZTでの個展「over and over now」より
2013年




アーティストステートメント

白い紙に鉛筆で描く。描いたものを消しゴムで消す。
消しゴムのかすが出る。消しあとが消えていない紙に鉛筆で描く。
ごく自然にあたりまえに、何万回もくり返しおこなわれている。
まるで電車から過ぎていく景色を見るように。
まるで人の生き死にのように。
消しかすが形をつくり、アニメーションとして動き、
今が今になり、今が今となる。




lost and found

2012-2013
紙、鉛筆、練り消し、消しゴム、消しかす

「TRAIN」「plant」「bubble」の短編映像が3作。
消しかすで形を作っていくものは、生きているもの、
動くこと ができるもの、成長していけるもの、変化できるもの。
それらがア ニメーションとして動くことで、
いらないと思っていたものが新し い違うものになることができる。
無駄なものが無駄ではなくなるということ。





経歴

1990年 京都府生まれ
2013年 京都造形芸術大学 情報デザイン学科 イラストレーションコース卒業

個展
2013年 「over and over now」@KUNST ARST
2015年 「アイスたべたら」@KUNST ARST


グループ展
2014年 「木津川アート 2014」
@NTT西日本山城木津川別館、イオンシネマ高の原店
2015年 「第18回文化庁メディア芸術祭受賞作品展」@国立新美術館
2015年 「timelake 時間の泉」@新風館中庭



▼雑誌
・ブレーン/JANUARY 2014 VOL.642
・望星/2015 7月号

▼書籍
・映像作家100人 2014
・アニメなんでも図鑑

▼Web
white-screen.jp インタビュー
・SPACE SHOWER MUSIC VIDEO AWARDS
「MVA BEST VIDEOS-優秀作品50選-」/入選












絵本 「アイスたべたら」
1200円(エディションなし)

絵本 +アニメーションDVD
「アイスたべたら」
10000円 ed.10
DVDにはボーナストラックとして
「television」「5:00 evening」を含むます。