反保千佳子 個展 「妖精−Fairy」

TANBO Chikako solo exhibition
Fairy

2015年2月24日(火)から3月1日(日)
12:00から19:00 (最終日17:00まで)



KUNST ARZT では、反保千佳子の個展を開催します。
反保千佳子は、多岐にわたる素材を使い、
自身の化身−内面(心)と外面(肉体)を生み出すアーティストです。
近年は、スピリチュアルな魅力のあるガラスによる表現と、
独特のユーモラスな感性や力強い造形力が発揮される
土/陶による表現が中心です。
本展は、憧れの妖精をテーマに、
土/陶による表現で、古代オルメカ遺跡を彷彿させる
巨大な首をギャラリー空間の中心に据える構想です。
ご注目いただければ幸いです。(KUNST ARZT 岡本光博)




執着という怪物になった妖精U

2015
越前荒土、樹脂、白化粧、 紅殻
奥行107p×横113p×高さ115p




妖精の散歩道 

2015
粒ガラス、FRP
横35p×高さ13p




蛇妖精

2015
信楽白土、石灰透明釉
奥行14p×幅15p×高さ18p













ざくろ地蔵 

2013年 
信楽白土 透明石灰釉 着彩




にんにく大仏と玉ねぎ菩薩 

2013年 
越前荒土 透明石灰釉 着彩



【アーティスト・ステートメント】

妖精−Fairy


今までにいろいろなテーマやモチーフを形にしてきた
例えば、〈膜〉
私の身体を包んでいる〈膜〉 実物の私より存在感のある私の〈膜〉
例えば、〈魑魅魍魎〉
私の中の大半を占めている〈魑魅魍魎〉たちが、
いつも私の中でざわざわざわざわ動き回っている 
例えば、〈天使〉
例えば、〈大仏〉や〈観音様〉  例えば、…

そして、やっと辿り着いた
ずっと生まれ変わりたかった〈妖精〉まで

でも、私のイメージしていた妖精とは何か違う
私の中から表れてくるそれは、なんて醜くて恐ろしい怪物なんだろう





幸の翼

2013年 
粒ガラス、 ガラスクロス、FRP



反保千佳子Chikako Tanbo

1965 福井市生まれ
1988 福井大学教育学部卒業
2003 福井大学大学院教育学研究科修了


<個展>
2010 E&Cギャラリー/福井

<グループ展>
2003 墾24展 福井県立美術館/福井
2004 5人展  福井市美術館/福井
2005・07・09・13 福井大学美術教育サブコース在学生OBOG有志展 
福井県立美術館/福井 
2005・07・09・11・13 BJ美術準備室展 福井市美術館/福井
2002~13 新彫会展 福井県立美術館/福井
2011 セッション展 E&Cギャラリー/福井
2012 BJ7サテライトin大阪/ギャラリーCASO/大阪
2012 A-21国際美術展/ギャラリーCASO/大阪
2012 EZRA GLASS STUDIO KILN class Exhibition 
風の森ギャラリー/福井
2013 セッション展U E&Cギャラリー/福井
2014 BJ8サテライトin金沢/金沢21世紀美術館/石川



増殖する魑魅魍魎

2012年 粒ガラス、耐火石膏(着色)、ガラスクロス、FRP




















反保千佳子
蛇妖精
信楽白土、石灰透明釉
奥行14p×幅15p×高さ18p
2015
\13,000
反保千佳子
妖精ペリ
粒ガラス、FRP
横17p×高さ35p
2015
\10,000
反保千佳子
妖精の種
粒ガラス、FRP
奥行11p×幅11p×高さ10p
2015
\10,000
反保千佳子
妖精の散歩道 
粒ガラス、FRP
横35p×高さ13p
2015
\7,000